アイフル 在籍確認

MENU

プロミスの在籍確認の電話は別の方法で確認する相談で回避できる?

プロミスでは融資を行うにあたって審査を実施していますが、この審査で行われることのひとつに在籍確認があります。これは、

 

 

申し込んできた人が毎月継続して収入を得ている状況にあるかどうかを判断するために勤務先に直接連絡をして勤務状況の確認をすることが目的となります。


在籍確認が行われるタイミングとしては、プロミス以外からの借入の有無をはじめある程度の審査が完了した後であり、在籍確認が行われるということはそこまでの審査項目についてはクリアできた状態といえます。厳密に言うと与信の審査が全て完了して、後は在籍確認の電話だけという状態で申込内容の確認の電話が掛かってきますのでその後になります。なので、

 

 

在籍確認に問題がなければ在籍確認後に否決することはありません。


 

もう少しで契約できるんだろうけど、会社に電話して欲しくないんだよなぁ・・・


 

そういった要望に答える為、プロミスでは在籍確認の電話は別の方法で確認する相談が可能になっています。


プロミスにネット申込後に電話して相談するか、在籍確認前にプロミスから掛かってくる電話の際に相談するかでオペレーターが別の方法を案内してくれます。これはあなたの在籍する会社が休みの日でも効果的に利用できるサービスなので覚えておくと便利です。

プロミスで在籍確認の電話を別の方法で確認する相談をしよう
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

プロミスでの様々な属性の方に対する在籍確認

また、プロミスではインターネットに加えて自動契約機でも融資の申し込みを受付けていますが、どちらの方法で申し込んだ場合でも在籍確認は行われます。自動契約機の場合はその場で契約手続きまで進めることができますので、自動契約機での手続き中に在籍確認が行われ事になっています。

 

消費者金融であるプロミスでは、融資を行うにあたって総量規制の規定が適用されますので、その関係から毎月収入を得ている人でなければお金を借りることができません。毎月収入を得ている人であれば必ずしも正社員でなければならないというわけではなく、パートやアルバイトで働いている人であってもプロミスへ融資を申し込むことができます。

 

この他、派遣社員として働いている人であってもプロミスへ融資を申し込むことができますので、その意味では融資を申し込むことができる自由度としてはかなり幅広いといえるかもしれません。ただし、毎月継続的に収入が入ってくる状態を確認する必要があるのはパートやアルバイトで働いている人であっても変わりはありませんので、在籍確認についても同じく行われることになります。

 

これは派遣社員として働いている人であっても同様であり、プロミスの審査では必要に応じて在籍確認が行われます。

 

パートやアルバイトの人についてはともかく、派遣社員の場合は勤務先が派遣元と派遣先の2つありますので、このどちらかにプロミスが確認をすることになりますが、

 

 

プロミスの場合は申込時に派遣社員を選ぶと、派遣元の会社名と住所の入力を促されますので、派遣元に電話が掛かってきます


なので基本的には派遣元に在籍確認が行われることになりますが、ここで在籍確認ができなければプロミスの審査には通りませんので、ここまでの審査項目で問題がない状態ですが、最後の関門は突破できずに契約できなくなります。なので派遣元に電話されて問題がある場合は、派遣先に電話してもらう相談もプロミスでは可能ですのでお願いしてみるのもいいでしょう。

 

この在籍確認は、毎月安定した収入を得ているかどうかを判断するために必要な審査項目となっていますので、それ以外の点で問題がなかったとしてもここで不備があれば審査には通りません。

 

>>アイフルの在籍確認の電話の回避方法とは?<<