アイフル 在籍確認

MENU

正社員でも審査に通らない可能性がある

アイフルの審査で重視されるもの

アイフルの審査では収入の安定性を特に重視しています。そのため、申し込んできた人の職業は安定性を判断するうえで重要なポイントであり、どんな職業に就いているかによってアイフルの審査における評価も変わってきます。

 

安定性という点だけで考えると、公務員や正社員として勤務している人はアイフルの審査でも有利となりやすいのですが、どんな場合でも無条件に審査で有利となるわけではありません。過去の経歴などからアイフルの審査でも判断が分かれることがあるのです。

正社員でも審査に通らない理由

アイフルの審査で重視されるのは収入の安定性ですが、正社員や公務員といった職業の人は毎月安定した収入を得ていることからアイフルの審査でも返済能力が高いと判断してもらうことができます。

 

そんな立場の人でも審査に通らない理由となるのが、信用情報における問題です。信用情報には

 

 

過去のカードローンやクレジットカードの利用状況が登録


されていますので、この内容によっては正社員や公務員といえども評価が下がる可能性があります。

過去の利用状況による問題

カードローンの審査で収入がの安定性を重視しているのはアイフルに限ったことではありません。特に正社員や公務員ともなれば、安定した収入であることに加えて収入の金額についても高いことから

総量規制による貸付条件=借入残高÷年収 < 3分の1

カードローンで融資を受けることができる金額についてもそれに応じて高額となる傾向にあります。そのため、アイフルに融資を申し込んだ段階では既にある程度の借入があるという状態であることも珍しくはありません。アイフルの審査ではこうした

 

 

既存の借入における利用状況についても確認


が行われ、返済に滞納などがあった場合にはいくら収入が安定していても審査の評価に影響します。

勤続期間や転職による理由

過去の借入に問題がなかったとしても、現在の勤務先に就職してまだ日が浅いという場合にはやはり審査でも影響があります。

 

確かに正社員という肩書だけをみれば、パートやアルバイトで収入を得ているという人に比べても審査では評価が高くなるものの、その立場になってまだ間もないという状況ではアイフルの審査でも判断が分かれます。

 

 

正社員になってまだ日が浅いんだけど・・


アイフルの審査では収入の安定性とともに申し込んできた人の信用度も重視しますので、

 

 

転職したばかりという人の場合は・・・


どうしてもアイフルからの信用度も低くなります。正社員として働いているからといって無条件にアイフルからも信用度が高くなるというわけではないのです。

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<