アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査で確認されることは?

アイフルで審査が行われる目的

アイフルでは融資を申し込んできた人を対象に審査を行っていますが、その目的は返済能力を確認することにあります。返済されない可能性がある相手には融資を行ってもリスクが多いだけであり、こうしたリスクを少しでも減らすことが審査の目的となっています。

 

 

返済できる見込みのある人に融資を行うことが前提


そんなアイフルの審査項目について考えてみましょう。

本人確認と年収の確認

アイフルでは必ず本人確認書類として運転免許証などの提出を求められます。これはアイフルに限らずどんな消費者金融であっても必要なものであり、本人確認ができない人に対しては融資を行うことはできません。また、

 

 

  • 融資を行う金額が50万円以上の場合
  • アイフルを含めた他社からの借入金額の総額が100万円以上の場合

収入証明書の提出が必要となります。高額の融資になればそれだけ返済も難しくなることから、年収の金額を確認して返済能力を調べることがこの審査項目の目的といえます。

過去と既存の借入の有無

アイフルで融資を受けるにあたり、どこか別の業者から借入があっても申し込むことはできますが、その借入状況はやはり審査に影響します。消費者金融のひとつであるアイフルでは、総量規制の規定が適用されますので、

 

 

借入可能な限度額は年収の3分の1まで


となっていることから、既存の借入残高によっては融資ができないケースもあるためです。また、既存の借入に対する返済状況も審査で確認される項目であり、滞納などがないか、借入残高は順調に推移しているか、こうした点についても確認が行われます。

収入の安定性

アイフルでは融資を行うための条件として毎月安定した収入を得ている項目を設定しています。そのため収入の安定性についても審査で確認が行われますが、この確認を目的とした審査項目が在籍確認です。これは勤務先に対して

 

 

勤務実態があるかどうかを確認する行為


であり、正社員や公務員をはじめ、パートやアルバイトで収入を得ている人であっても必ず行われるものとなっています。継続した収入の有無は返済能力に直結することですのでアイフルではこの審査項目を特に重視しているといえます。

利用目的は確認されない

アイフルでは原則として借入を受ける金額に対する利用目的は自由となっていますので、

 

 

審査で目的についての確認が行われることはありません。


あくまでもアイフルが確認するのは融資を行ううえで必要となる返済能力であり、目的がどうであれ無事に返済が行われればそれで問題はないためです。但し、アイフルでは

 

 

  • 事業性資金の借入は受けられないこと
  • ギャンブルなどの利用目的では貸付ができないこと

など、こうした目的の場合は審査に通らないことがあります。

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<