アイフル 在籍確認

MENU

アイフルは年末年始も最短即日融資が可能ですか?

アイフルの2017年から2018年の年末年始の営業予定

- むじん契約ルーム
『てまいらず』
店頭窓口 ATM
12月29日(金) 8:00〜22:00 10:00〜18:00 7:00〜23:00
12月30日(土) 8:00〜22:00 休業 7:00〜23:00
12月31日(日) 8:00〜22:00 休業 7:00〜23:00
1月1日(月) 8:00〜22:00 休業 7:00〜23:00
1月2日(火) 8:00〜22:00 休業 7:00〜23:00
1月3日(水) 8:00〜22:00 休業 7:00〜23:00
1月4日(木) 8:00〜22:00 10:00〜18:00 7:00〜23:00

以上のようになっています。これによるとなんと

 

 

アイフルは元旦も自動契約機の『てまいらず』にてカード発行が可能なのです。


 

カードローンは多種ある中で、元旦でもカード発行できるカードローンはアイフルだけです。これは超希少価値の高いカードローンと言えるでしょう。

 

 

ただし自重要なポイントを忘れていませんか?


アイフルは元旦にも審査をする体制ができているのですが、審査の最終段階での確認事項が取れない可能性が高いです。それは、

 

 

在籍確認です。年末年始は正月休みに入っている可能性が高く、ましてや元旦なんかは正社員であれば間違いなく休みでしょう。


こうなると折角元旦も審査をしていても、契約完了しませんので会社の営業日まで借りることはできません。しかしプロミスなら、

 

 

会社への在籍確認の電話を別の手段で確認する相談が可能ですので、年末年始でも最短即日融資が可能です。


ただし前述の通り、元旦だけは休業しているのでそれ以外であればプロミスの自動契約機は営業していますので、審査も可能です。

年末年始も元旦以外なら勤務先がお正月休みでも最短即日融資可能なプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

アイフルの年末年始の振込融資はどうなっているの?

上の表の2017年から2018年の年末年始の営業予定では、振込融資の予定表はありません。しかしこれは金融機関の営業予定に委ねられるので決まってきます。

 

 

2017年から2018年の金融機関の年末年始の休業日は、12月30日(土)から1月3日(水)までです。この期間はアイフルの振込融資は行えません


アイフルの振込融資の手続きは平日の14:10までですから、12月29日(金)の14:10以降の振込融資は1月4日(木)の9:00以降の振込融資ということになります。それ以外ならアイフルでも振込融資は可能です。もちろん勤務先が営業していて、在籍確認が完了した場合ですが。

 

ここでまたプロミスの登場です。プロミスでは瞬フリという振込融資サービスがあり、

 

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかへの口座への振込融資なら、会員サイトに口座登録後24時間365日最短10秒で振込融資が可能なのです。


でも元旦だけはこのサービスは停止するようです。三井住友銀行への瞬フリは12月31日(日)20:50から1月2日(火)7:00まで停止、ジャパンネット銀行への瞬フリは12月31日(日)23:50から1月2日(火)7:00まで停止します。

 

 

いずれにしろ年末年始の会社のお正月休みでも在籍確認が取れて契約が可能ですし、1日以外は瞬フリサービスも利用できるプロミスがアイフルよりも年末年始向きと言えます。


元旦にどうしても融資が必要で、勤務先が営業していて在籍確認が取れる場合はアイフルを利用するのもいいかもしれません。>>年末年始でも瞬フリで振込融資可能(元旦以外)なプロミス

 

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<