アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査で必要なもの

アイフルの審査で必要なもの

アイフルで融資を申し込むにあたって、審査を受ける必要がありますがその審査では用意しておくものがあります。

 

とはいえ、アイフルの審査とは手軽に申し込むことができるというのがひとつの特徴となっていますので、用意しなければならないものとしては本人確認のための身分証明書だけで申し込むことができます。逆に言えば、この

 

 

身分証明書が用意できない人については・・・


 

収入がどれだけ多く、安定した状態だったとしてもアイフルの審査には通らない


ということになります。また、身分証明書についても何でも良いというわけではなく、アイフルが本人確認として妥当と判断できるものでなければなりません。もっとも、ほとんどの人が特に問題なく用意できるものばかりですので、この部分でつまずくことはまず無いでしょう。

アイフルの審査で利用できる身分証明書

アイフルの審査では本人確認をするうえで利用することができる身分証明書は、主に

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

を想定しています。これらの書類では、本人の名前や住所などを確認することができるものとなっており、特に運転免許証とパスポートについては顔写真がついていますので本人確認書類としては最適なものといえます。

 

アイフルが本人確認を行う目的としては、やはり詐欺行為を防ぐというものが大きいため、融資を申し込んできた人が本人かどうかということは非常に重要な情報といえます。また、当然ながら

 

 

有効期限の切れた運転免許証やパスポート等は本人確認書類としての利用はできません


ので注意しましょう。健康保険証についても、すでに退職した勤務先の入った保険証は無効となります。

身分証明書以外で必要なもの

基本的にはアイフルでお金を借りる場合というのは、身分証明書だけで良いのですが、

  • 50万円を超える融資を受ける場合
  • アイフルを含めて100万円を超える借入になる場合

収入証明書が必要となります。これは、勤務先から発行された給与明細や源泉徴収票、納税証明書などがそれに該当しますが、高額の融資を受ける必要がある際にはこうした書類を用意しておきましょう。

 

収入証明書については、上記以外の場合でもアイフルが審査で必要と判断した際に提出を求められることがあります。納税証明書などはすぐに用意できるものではありませんので、アイフルから高額の融資を受ける可能性があるのであれば念のため用意しておくと安心です。