アイフル 在籍確認

MENU

初めてアイフルに申し込んだ場合の審査基準

アイフルの審査で決まる融資額

アイフルでは、融資を申し込んできた人の返済能力を審査で確認し、無事に返済ができるかどうかを判断します。そのうえで決まるのが実際に融資が行われる金額です。この金額については、その人の収入の金額や職業などといった返済できる範囲の金額で決まるものです。

 

アイフルとしても融資を行ったものの返済をしてもらえないという状況を回避したいところですし、審査にはこうした目的もあるといえるでしょう。そんなアイフルの審査で判断される融資金額ですが、もうひとつの判断基準となるのが

 

 

アイフルからの信用です。


信用が高くなればそれだけ高額の融資も可能となりますが信用が低い相手にはそれに応じた金額の融資となるのです。

初めてアイフルに申し込んだ場合

初めてアイフルに申し込んでお金を借りる場合、その融資金額は決して高額というわけにはいきません。アイフルは消費者金融業者ですので、融資を行うことができる金額は

 

 

総量規制の関係から年収の3分の1まで


となっています。しかし、初めてアイフルに融資を申し込んできた人がいきなり年収の3分の1まで借りることができるというわけではありません。これは申し込んできた人の収入の金額など様々な状況も総合的に判断したうえで決定されるものではありますが、

 

 

初回の融資で限度額いっぱいまで借りることができるケースはほとんどないです。


初めて申し込んだ人の場合は、アイフルとの取引も全くない状態ですので、アイフルからの信用もかなり低い状態となります。アイフルの審査ではこうした点も含めて返済能力と判断しているということです。

初めての人は信用度が低い

これはアイフルに限ったことではありませんが、カードローンの審査では初めて申し込んできた人については信用度は低い状態です。融資を希望する人の中には、少しでも高額の借入をしたいと考える人も少なくありませんが、

 

 

信用度が低いという状態では審査でも高額の融資を受けられる可能性は低い


といえます。アイフルは年収の金額に応じて融資を行う金額を決めていますが、アイフルの考える信用度については年収が高いか低いかということはほとんど関係がありません。信用度というものは、アイフルとの取引において

 

 

返済実績などを積み上げて高める


ことができますので、まだ取引実績がない状態ではどうしても信用度というものは低くなります。審査の結果、融資を受けることができても必要な金額が足りないケースもあるかもしれませんが、アイフルの審査での判断と割り切ることも大切です。