アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査は申し込んだ本人が対象

アイフルでは、融資を申し込んできた本人に対して返済能力があるかどうかを判断するための審査を行います。ここで審査が行われる対象となるのはあくまでも申し込んできた本人のみとなります。これはどういうことかといえば、たとえば

 

 

家族の誰かが過去にカードローンで滞納をしたという経歴があってもアイフルの審査では影響はないということです。


アイフルは消費者金融業者ですので審査では総量規制の影響を受けることになります。そのため、融資を行うことができる金額についても年収の3分の1までと決められており、その範囲を超えた金額の融資はできません。この場合も家族の借入はカウントされず、

 

 

家族の誰かがカードローンでお金を借りていても・・・


アイフルの審査では総量規制の範囲として考えられることはありません。

家族の経歴が審査で判断されない理由

アイフルが融資を行うのは、審査の結果信用できる人と判断された場合です。審査では、個人信用情報機関に登録されている情報をもとに返済能力を判断しますが、ここで確認するのも申し込んできた本人の情報のみです。

 

家族の情報についても確認した方がアイフルにとってもより確実に返済能力を判断できると思われがちですが、

 

 

そこまで範囲を広げるとかえって審査が煩雑になってしまいます。


アイフルの審査では担保や保証人を用意する必要がないというのがひとつの特徴となっていますが、これはアイフルを手軽に利用することができるポイントのひとつともいえるものです。

 

もしも家族にまで審査の範囲を広げてしまうと、それだけ審査も時間がかかることになり、結果的に手軽に申し込めるアイフルの利便性を下げる事になります。審査の範囲を本人のみに留めている事はアイフルは手軽に利用しやすい業者として重要なポイントなのです。

家族の情報を登録する理由

アイフルの審査では、家族がどんな経歴の持ち主なのかということについてはそれほど重要ではありません。しかし、

 

 

アイフルに申し込む際には家族構成について登録する必要があります。


これは家族を審査の対象にするから、という意味ではなく家族と同居しているかどうか、同居していないなら連絡がつく方法はあるのか、といいことを確認するためです。

 

つまり、アイフルから借入を受けた後に、連絡がつかなくなるという状態を防ぐことがこの場合の目的となります。家族は審査の対象となるわけではありませんが、申し込んできた本人の返済能力を判断するうえで重要な情報であることに変わりはありません。