アイフル 在籍確認

MENU

既存の借入件数は何件までなら大丈夫?

既存の借入における影響

アイフルの審査では、現在アイフル以外から借入を受けているかどうか、というのは非常に重要な意味があります。というのは、アイフルは消費者金融業者ですので、

 

 

融資を行ううえで総量規制の影響を受けるためです。


総量規制の規定では、申し込んできた人の年収の3分の1を超えて消費者金融などから融資を行うことができないと定められていますので、アイフルから融資を行う場合もその範囲に収まっていることが重要となります。アイフル以外の既存の借入については、

 

 

審査でも返済能力を判断するうえで必要な情報となります


ので、借入がある状態でアイフルに申し込む場合には十分注意したいところです。

既存の借入件数

アイフル以外にも別の業者や金融機関等からカードローンを利用している場合、その件数についてもアイフルの審査では問題となることがあります。既存の借入については、総量規制の関係からいくら借入があるか、ということももちろん重要となりますが、それとともに現在

 

 

アイフル以外で何件借入を受けているか・・・


ということも大きな意味があります。アイフルの審査とは、融資を行った相手が無事に返済をしてもらえるかどうかを判断するものですが、既存の借入件数が多くなればそれだけアイフルから借りた分についても影響が出る可能性があるためです。

 

複数の業者から借入があるからといって、それだけの理由でアイフルからの融資が受けられないということはありませんが、それでも件数が多くなってくるとその限りではありません。

具体的に既存の借入件数は何件までなら大丈夫?

アイフルの審査では、既存の借入件数が多くなると少なからず影響が出ることは説明した通りですが、では具体的に何件までなら良いのでしょうか。これは、アイフルの審査基準もさることながら、

 

 

申し込んできた人の収入や職業など様々な条件を考慮した上で決められる


ことになります。一般的には既存の借入件数については3件までが許容範囲とされており、4件を超えると審査に通る事はかなり難しいといわれています。アイフルの審査でもそれに準じたものと考える事ができますので、あまりにも件数が多い場合には注意が必要です。

 

もちろんアイフルに融資を申し込む金額など、状況によっては必ずしも審査に通らないというわけではありませんが、既存の借入件数が多い状況でアイフルに申し込む場合は、かなり厳しい状況であると考えておいたほうが良いでしょう。