アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査と利用目的

アイフルの利用目的は原則として自由

アイフルではお金を借りるうえで基本的に利用目的については自由となっています。そのため、原則として何の目的で使ってもアイフルの審査では特に大きな影響はないと考えておいて良いでしょう。

 

これは、アイフルが行う融資というものが個人の信用情報をもとに貸付を行うことが関係しており、

 

 

利用目的についても銀行カードローンなどと異なり私的な範囲での利用を想定している


ためと考えられます。また、アイフルをはじめとする消費者金融ではそのほとんどの業者が利用目的が自由となっており、こうした点も含めて手軽に借入を受けることができるようになっています。

アイフルの利用目的の確認

アイフルでは、審査にあたって個人信用情報機関に登録されている情報を参照し、返済能力を判断しています。

 

しかし、どのような目的でアイフルからお金を借りようとしているのかということについては、個人信用情報機関に登録されている情報ではありませんので、そもそも確認をすることができないものです。

 

もちろんアイフルでは審査においてどのような目的で利用をするのかということについての入力をする必要がありますが、ここについても詳細な内容を登録するほどのものではありません。たとえば旅行目的であれば、

 

 

  • どこに行くのか
  • どういった交通手段を利用するのか
  • そのための費用はいくらか

といったところまで詳細に登録する必要はなく、ただ単に旅行目的というだけで十分です。このように、アイフルの審査では融資を行うにあたって詳細な利用目的は必要ありません。

利用目的が原則として自由である理由

アイフルの審査において、融資を受けたお金の利用目的は原則として自由ですが、その理由については主に以下のようなものが考えられます。それは、利用目的についての裏付け・追跡調査が困難であるという点です。たとえば

  • 既存の借入
  • 過去のクレジットカードの利用状況

については個人信用情報機関を確認することですぐに調べることができます。しかし、利用目的についてはそうはいかず、もしもその後の利用について申告した通りの目的で使っているかどうかについては融資を行ったあとに確認する必要があります。

 

また、見積書や領収証などを提出してもらうことで利用目的の確認をすることもできますが、その場合にはどうしてもその分についての裏付け調査を行う必要が出てきます。そうなるとアイフルの特徴のひとつである

 

 

スピーディーな審査にも少なからず影響を及ぼすことになります


ので、こうした状態を防ぐことも利用目的を限定していないことに関係しているといえるでしょう。