アイフル 在籍確認

MENU

未成年者は利用できないアイフル

アイフルは未成年者でも借りられる?

アイフルで融資を申し込むための条件には、

  • 毎月安定した収入を得ていること
  • 20歳以上である

ことが定められています。そのため、アイフルの審査を受けるためには最低限20歳以上であることが条件であり、それに満たない未成年者の場合はアイフルでお金を借りることはできません。

 

日本の法律では16歳以上であれば就業ができますので、未成年者であってもアルバイトなどで収入を得ている人もたくさんいます。また、中には既に就職して正社員という立場で働いている人も少なくありません。

 

しかし、法律上は安定した収入を得ることができるという状態であっても、アイフルの審査では未成年者を融資対象としていない関係から申し込むことができないのです。

なぜアイフルでは未成年者に融資ができないのか?

法律上は未成年者であってもお金を借りることはできない、という規定があるわけではありません。そのため、未成年者がアイフルからお金を借りることそのものはできるかもしれませんが、実は未成年者についての法律には別の規定があり、それは

 

 

未成年者の契約行為は保護者が解除することができる


というものです。アイフルからお金を借りる場合というのは一種の契約行為となりますので契約をした後で保護者に解除されてしまう可能性があります。その為、アイフルでは最初から未成年者を融資の対象とはしておらず、申し込みについても年齢制限を設けてそもそも

 

 

受付もしないというスタンスをとっています。


未成年者はいつから借りられる?

アイフルでは未成年者を融資対象者としていないため、申し込むことができるようになるのは20歳の誕生日以降となります。たとえば今年成人式を迎えるからといっても、20歳の誕生日を迎えるまでは未成年者という状態であることに変わりはありませんので、それまでは

 

 

アイフルに申し込んだとしても審査にはまず通らないです。


 

もっとも、こうした仕組みをとっているのはアイフルが経営母体のしっかりとした金融業者だから、と考えることもできます。

 

未成年者であっても融資を行う業者というのは消費者金融であればほとんどの業者が対応していないものですが、それでも貸付を行う業者というのはやはり何らかの法に触れる業者である可能性があります。年齢的にアイフルからお金を借りられない人もいますが、

 

 

こうした仕組みがあるのは多くの人に安心してアイフルを利用してもらうための仕組みといえます。