アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査で評価が低くなる申込ブラック

申し込みブラックとは?

アイフルをはじめとする消費者金融などのカードローンに申し込んだ場合、その申し込んだという情報は個人信用情報機関に登録されます。ここには、カードローンに融資を申し込んだというだけでなく、

  • その後実際に融資が実行されるに至ったのか
  • それとも審査に通らなかったのか

といった結果まで情報が登録されています。個人信用情報機関にはカードローンに申し込んだ数だけ情報が登録されることになり、アイフルの審査ではここに登録されている信用情報をもとに返済能力を判断します。

 

もしもここに同時期に複数の申し込み情報が残っている場合には多重申込という扱いになり、アイフルの審査でも評価が低くなる要因となります。これがいわゆる申込ブラックと呼ばれる状態です。

なぜ申込ブラックは評価が低くなるのか?

アイフルが融資を行うにあたって審査を行う目的は、融資を行った相手の返済能力の有無を確認するためです。収入の金額や他社からの借入の有無などを調べるのも、こうした返済能力を判断することが主な目的ですが、

 

 

申込ブラックはこうした返済能力が低いと判断される要因となります。


短期間に複数の業者に申し込んでいる場合、仮に申し込んだところすべてから融資を受けていたとすれば、

 

 

それだけ毎月の返済金額や件数も多くなるはずです。


それだけアイフルへの返済分も少なくなるということなので、アイフルにとっては返済できない可能性が高くなるということになります。

 

また、逆に複数の業者に申し込んだもののそれぞれの業者の審査に通らなかった場合というのは、それだけ信用できないということなので、アイフルの審査でもそれに応じた判断を行います。

 

つまり、申込ブラックという状態はそれだけでもアイフルの審査に通らない要因となりうることなのです。

申込みブラックを解消するには?

アイフルの審査では、こうした申込ブラックという状態は評価が低くなりますので、まず融資を受けることはできません。ただし、カードローンに申し込んだ履歴が

 

 

個人信用情報機関に保持される期間は3ヶ月〜6ヶ月といわれています。


そのため、もしも複数の業者に申し込んでも審査に通らない状態が続いているということであれば、まずは時間を空けてから申し込むということがアイフルの審査に通るための基本的な考え方です。

 

少なくとも半年は時間を置いてからアイフルに申し込んだ方が、審査でも評価はかわってくるのではないでしょうか。