アイフル 在籍確認

MENU

アイフルで審査を受けることができるのは何歳まで?

アイフルに申し込めるのは20歳から69歳まで

アイフルの審査基準では、融資を申し込むための条件として年齢制限を設けています。最も低い年齢では20歳からとなっていますので、いわゆる未成年者の場合はアイフルに融資を申し込んだとしても審査に通ることはできません。

 

これはアイフルの審査の目的が返済能力があるかどうかの確認であり、

 

 

未成年者については保護者が契約を解除することができる


ようになっているためです。同様に69歳を超えた人の場合は給与収入を得ることが難しいため、アイフルから借入を受けたとしても返済は困難であることが関係しています。こうした年齢の範囲に含まれていない人についてはアイフルへの申し込みはできなくなっています。

定年を迎えても大丈夫?

日本の企業では現状では60歳〜65歳を定年としているところがほとんどですが、アイフルでは69歳まで融資を申し込むことができるようになっています。65歳以上の場合は年金を受け取っているという人もいますが、

 

 

アイフルでは収入が年金だけという人の場合は融資を行っていません


ので、定年を迎えた人の場合は年金以外に安定した収入を得ていることが必要となります。その為、69歳以下の人であっても無条件にアイフルでお金を借りることができるというわけではなく、あくまでも審査の対象となるのは

 

 

安定した収入を得ている人であることが絶対条件となっています。


アイフルでは年齢制限とともに毎月安定した収入を得ていること、という条件も融資を申し込む際に設定されていますので、この両方の条件を満たして初めて審査を受けることができるようになります。

60歳を過ぎた人の審査基準

アイフルの審査については、あくまでも返済能力の有無を判断することがメインとなりますので、基本的には60歳以上であっても特別な審査基準が加わることはありません。ただ、60歳以上の場合はどうしても定年という関係から

 

 

返済の途中で収入がなくなってしまう可能性が出てきます。


そのため、アイフルから実際に融資を受けることができる金額についてもあまり

 

 

高額の融資を受けることはできない


と考えておいたほうが良いでしょう。また、アイフルの審査基準としては69歳までが融資を申し込むための上限年齢と設定されていますが、69歳ギリギリの人についてはさらに返済が難しくなることが予想されます。

 

高齢者だからといってアイフルからお金を借りることができないというわけではありませんが、実際に利用する際にはその後の返済のことも想定して利用するようにしましょう。