アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査と家族構成の関係

アイフルの審査と家族構成

アイフルの審査では、住所や職業などの確認項目に加えて家族構成も確認が行われます。一般的にアイフルの審査とは、申し込んできた人の返済能力を判断することが大きな目的となっており、その意味では家族構成は年収の金額などと異なり

 

 

返済能力に直結するものではないと思われがちです。


しかし、アイフルの審査にとって家族構成は返済能力を判断するうえで非常に重要な意味をもっています。たとえば

 

 

同居する家族がいる場合は・・・


返済が滞納した場合に連絡がつきやすくなりますし、扶養家族が多い場合にはそれだけ返済に回せるお金が少なくなると考えることもできるからです。このように、アイフルの審査では家族構成の確認も重要な審査項目となっています。

既婚者かどうか?

アイフルの審査における家族構成の確認項目としては、主に既婚者かどうかがひとつの判断基準となります。一般的には社会人の場合は既婚者のほうが信用されやすいという特徴がありますが、これと同じことがアイフルの審査でもいえます。

 

 

既婚者である場合は・・・


社会的な責任も大きく、勤務先でもそれなりのポジションに就いていることが多いためです。また、配偶者がいるということは、同居している家族がいるということなので、返済が遅れた場合に連絡をとりやすくなるというメリットもアイフルにとってはあります。ただし、

 

 

子供がいる場合には・・・


アイフルの審査では評価が低くなる可能性があります。子供がいるということは、それだけ生活費も多くかかるということなのでその分アイフルへの返済に充てることができるお金も少なくなる可能性があるからです。

家族構成がアイフルの審査に及ぼす影響

アイフルの審査で確認される家族構成ではありますが、この確認項目がアイフルの審査で決定的な影響を及ぼすことはありません。たとえば結婚しているから審査に通りやすい、あるいはアイフルから借りられる金額が増えるといったことはなく、あくまでも

 

 

返済能力を確認するための判断基準のひとつとなっています。


それでも、アイフルの審査に通るうえで最も重要なことのひとつである信用というものを考えるとやはりおろそかにすることができない審査項目であるともいえます。

 

また、アイフルから融資を受けることができる金額に影響しないから、あるいは家族に知られたくないからといって、事実と異なる家族構成で申し込むことがないように十分注意したいところです。