アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査と個人情報

アイフルの審査では、主に収入の安定性や既存の借入の金額や件数、そしてそれらの内容とのバランスが主に重視されることになります。その結果、融資を行っても問題ないと判断された場合にのみ融資が実行されるというものとなっていますが、

 

 

審査で重視されることって・・・


もちろん確認されるのはこれだけというわけではありません。確かにアイフルが融資を行ううえでの判断基準となるのは収入と借入とのバランスではありますが、この他にも様々な部分で確認が行われており、そのひとつとなるのが

 

 

個人情報による判断です。


身分証明書による本人確認が行われるのはもちろんですが、個人情報からも様々な情報についての確認がアイフルの審査で行われます。

個人情報からわかること

アイフルの審査で判断される個人情報の中には、主に住所があります。住所については

 

 

  • 家族と同居しているのか?
  • 持ち家か賃貸か?
  • 持ち家であればマンションかどうか?

を判断します。

 

家族と同居している場合、アイフルに申し込んでいることを家族が知っているかどうかが審査で関係してきますが、それとともにアイフルへの返済が滞納した場合の対処にも関係します。ほとんどの人はアイフルから借入を受けるということについては

 

 

内緒にしたいというケースが多いのですが・・・


家族と同居していることでその事実が伝わる可能性を審査でも考慮することになります。また、返済が滞納した場合、その分の回収については家族と同居している方がやりやすいという側面もありますので、こうした点を総合的に審査では判断するというわけです。

住所からわかるアイフルの審査項目

アイフルでは住所の属性として持ち家か賃貸かということについても確認を行っています。この情報が審査で関わってくるのは、たとえば持ち家でマンションという場合に、その分に対して

 

 

住宅ローンを支払っているかどうか


という点です。住宅ローンについてはアイフルで融資を受ける際に影響が出る総量規制の対象外ではありますが、それでも毎月の返済額に影響することに変わりはありません。そのため、アイフルから融資を行う金額によっては

 

 

住宅ローンの有無は審査で影響する可能性があります。


住宅ローンの残高があったとしても、世帯主ではない等の理由で返済しなくても良い場合などはアイフルの審査でもそれほど大きな影響がない場合もあります。このように、アイフルの審査では様々な情報をもとに融資可能かどうかを判断しているのです。