アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査で評価が変わる職業

アイフルの審査と職業の関係

アイフルの審査で必ず確認されるのが職業についての確認です。というのは、アイフルで融資を申し込むための条件として、毎月安定した収入を得ているということが設定されているためです。

 

 

安定している収入って・・・


安定した収入を得るためには、何らかの勤務先に所属し給与収入を得ていることが必要となりますので、その内容を確認するという意味でも職業はアイフルの審査でも重要な審査項目となっています。この審査項目で重要なのは、どの程度収入が安定しているのかという点で、

 

 

アイフルではパートやアルバイトでも収入が安定してれば融資を申込む事ができます。


アイフルの審査で評価が高くなる職業

アイフルの審査で評価が高くなる職業といえるのは、やはり毎月の収入における安定性が高い職業です。その意味では公務員や正社員として働いているサラリーマンは、収入の安定性が高いことに加えて収入の金額そのものも高いという事から審査でも評価が高くなります。

 

アイフルは消費者金融業者のひとつであることから融資を行うにあたって総量規制の規定が適用されますので、融資を行う金額についても年収の3分の1までとなります。収入の金額が多い

  • 公務員
  • サラリーマン

の場合は、それだけアイフルから借入を受けることができる金額も高くなると考えることができます。それだけにアイフル以外からも借入を受けているというケースもあるのですが、他の消費者金融業者でもこうした職業は審査でも評価が高い傾向にあります。

アイフルの審査で評価が低くなる職業

公務員やサラリーマンと異なり、アイフルの審査で評価が低くなる職業となるのが、毎月の収入が不安定な職業です。たとえば

  • 自営業
  • 日雇い派遣の業務

で働いているという人がそれにあたります。自営業の場合は、ある意味経営者ということになりますが、いわゆる給与明細のように客観的に収入を証明することができる方法がかなり限定されます。さらに、月によって収入の金額が多い少ないといった

 

 

変動が出やすい仕事であるので・・・


アイフルの審査でも融資を行うかどうかということについては慎重な判断をすることがあります。

 

もちろんこれらの職業だからという理由だけでアイフルの審査に通らないというわけではありませんが、公務員やサラリーマンなどに比べるとやはりアイフルの審査でも評価が低くなります。その為、あまり多くの金額で融資を申し込まない等の工夫が必要です。