アイフル 在籍確認

MENU

過去の借入経験とアイフルの審査

過去の借入とアイフルの審査の関係

アイフルの審査を受けた際に、過去にアイフル以外の業者からカードローンを利用していた場合には

 

 

その返済状況についても確認が行われます。


過去のカードローンの利用で問題がないようであれば、それだけアイフルの審査でもスムーズに進めることができますが、逆に何らかの問題があった場合にはその分アイフルの審査でも評価は低くなっていきます。

 

 

過去の履歴まで確認されるなんて・・・


こうした過去のカードローンの利用履歴というものは、アイフルが実際に融資を行うにあたって、返済を無理なく進めてもらえるかどうかの指標となりますので、アイフルの審査では必須の審査項目となっているのです。

過去にカードローンの利用履歴がない場合

アイフルに審査を申し込んだ段階で、過去に全くカードローンを利用したことがない場合、審査での判断は年齢によって分かれます。

 

もしもアイフルの審査に申し込んだ段階で20歳になったばかりということであれば、これは過去にカードローンを利用したことがないのはむしろ当然のことですので、審査ではそれ以上の確認は行われません。

 

しかし、アイフルの審査に申込んだ段階である程度の年齢に達している場合、金融事故などの関係からカードローンで借入をしたくてもできなかった可能性もあります。そのような場合にはアイフルも審査では慎重な判断を行う事になりますので金融事故の可能性とともに

  • クレジットカードの履歴
  • 携帯電話の支払履歴

などについてより詳細に調べることになります。カードローンの利用履歴に加えてクレジットカードの履歴もないという場合にはさらに金融事故の可能性が高くなるというわけです。

過去にカードローンの履歴があった場合

アイフルに審査を申し込んだ段階でカードローンの利用履歴があった場合は、その時の返済状況について確認が行われます。既に全額完済しているという状態で、しかも返済でも滞納がなかったという場合にはアイフルの審査でも評価が高くなります。

 

 

滞納があったような気も・・・


この場合は返済能力として申し分のないものを備えているということの証明ともなりますので、アイフルの審査でも有利な材料となるからです。逆に返済で滞納などがあった場合には、仮に完済していてもアイフルの審査では評価が低くなります。

 

それだけの理由で審査に通らないというほどのことはないかもしれませんが、アイフルから借入を受けることができる金額などにある程度の影響が出る可能性があるかもしれません。