アイフル 在籍確認

MENU

アイフル以外で借入がある場合の審査基準

アイフル以外から借入があっても大丈夫?

アイフルの審査では、返済能力の有無を確認することが目的となっていますが、この返済能力を確認するうえで重要となってくるのが既存の借入の有無です。既にアイフル以外の消費者金融業者などから借入を受けている状態であっても、アイフルに申し込むことは可能です。

 

 

他の消費者金融でも借りているんだけど・・・


ただし、その借入件数や金額によってはアイフルの審査に少なからず影響を及ぼすことになります。

既存の借入がアイフルに及ぼす影響とは?

アイフルを含めて複数の業者から借入を受けることそのものは特に違法というわけではありませんし、一社だけで必要な金額をまかなうことができなかった場合などは複数の業者を利用することも珍しいことではありません。

 

 

融資限度額はどうなるのかなぁ・・・


そのため、アイフルでもどこか別の業者から借入を受けている状態での審査基準というものがあると考えることができます。また、アイフルは消費者金融業者ですので融資を行うにあたって総量規制の規定が適用されることから、

 

 

融資を行うことができる金額については年収の3分の1迄です。


他社から借入を受けている状態でもアイフルに融資を申し込むことはできるものの、他社からの借入金額によっては総量規制の関係からアイフルで借入を受けることができる金額もそれに応じて少なくなります。

借入金額や件数による影響

アイフルにとっては既存の借入があることによって審査についても慎重な判断をする可能性があります。

 

既にアイフル以外の業者から借入があるということは、それだけアイフルへの返済に充てることができるお金が少なくなるということなので、返済能力を判断する際に評価が低くなるかもしれません。

 

この点については既存の借入件数が多くなるとさらにアイフルの審査でも厳しくなっていきますので、概ね3件以上の借入がある場合にはアイフルの審査でも評価が低くなると考えておいたほうが良いでしょう。

 

ただし、アイフル以外から借入があることは必ずしもマイナス材料というわけでもなく、既存の借入について返済が順調に進んでいる場合であればその限りではありません。アイフルとしてもカードローンの利用経験がある方が審査で返済能力を判断しやすく、

 

 

融資を行った相手とどんな取引ができるか・・・


というイメージがつかみやすいという点があります。既存の借入に対する返済状況や、アイフルに融資を申し込む金額によってはその点が審査でも評価される可能性はあるといえるでしょう。