アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査と個人信用情報機関

個人信用情報機関とは?

アイフルをはじめとする消費者金融業者の審査では個人の信用情報をもとに融資を行うかどうかの判断を行っています。個人の信用情報は個人信用情報機関に管理・登録されているものであり、カードローンの審査に申し込んできた人の過去の借入や返済に関する情報です。

 

現在、日本では3つの個人信用情報機関があります。

 

 

  • 消費者金融業者や信販会社が主に加盟しているJCC
  • クレジットカード会社や信販会社が主に加盟しているCIC
  • 銀行や農協、信用金庫などが加盟している全国銀行協会

がその3つの個人信用情報機関です。これらの信用情報機関は申込者から申請があった場合に情報を開示する他、カードローンの審査でもここから情報を確認しています。

アイフルの審査と個人信用情報機関

アイフルは消費者金融業者のひとつですので、加盟している個人信用情報機関はJCCですが、CICや全国銀行協会とも提携しています。そのため、過去のカードローンの利用状況は勿論のこと、クレジットカードや各種ローンの契約内容なども審査で確認する事ができます。

 

こうした個人信用情報機関に登録されている信用情報には、カードローンの利用状況などが登録されていますので、アイフルの審査に申し込む際にカードローンの利用実態を隠して申し込んだとしても個人信用情報機関で情報を参照すればそれが

 

 

事実かどうかすぐに調べることが可能です。


また、過去のカードローンやクレジットカードの支払状況などもこの個人信用情報機関に登録されていますので、もしも滞納などがあった場合にも審査段階で確認されてしまいます。こうした個人の信用情報はアイフルが融資を行うにあたって重要な情報となりうるのです。

個人信用情報機関に情報が登録されるタイミング

アイフルの審査の内容を大きく左右することにもなりかねない個人信用情報機関ですが、この個人信用情報機関に情報が登録されるタイミングは基本的にリアルタイムです。つまり、カードローンに申し込んだその段階で

 

 

個人信用情報機関に登録されている信用情報が更新されます。


そのため、アイフルで融資を受けることができた場合、その日のうちに別の消費者金融やカードローン業者に融資を申し込むとその業者では既にアイフルから融資を受けている事実が伝わっています。

 

 

カードローンの審査で自身の状態と異なる情報を伝えたとしても・・・


個人信用情報機関があるからこそそれが真実かどうかは審査でもすぐにわかることなのです。