アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの仮審査と本審査

仮審査と本審査の違い

アイフルでは、審査を行うにあたって仮審査と本審査の二段階で行われます。この二段階の審査に両方とも通過することでアイフルから融資を受けることができるようになります。仮審査では登録された個人情報をもとに機械的に融資可能かどうかを判断します。

 

 

仮審査では何が確認されるの?


たとえばアイフルでは20歳以上で安定した収入を得ていることを融資を申し込む条件としていますが、こうした条件を満たしているかどうかを仮審査で確認し、本審査に移すかどうかを判別します。

 

本審査では機械的に振り分けられた対象者についてアイフルの融資担当者が直接融資を行うかどうかを判断しています。仮審査に比べて人間の目が入りますので、仮審査では判別が難しいケースでも対応することができます。

仮審査で確認される項目

仮審査では、主に

  • 生年月日や性別などの個人情報
  • 他社からの借入状況

などを確認します。希望する金額や年収などについてもこの段階で確認が行われることになりますが、アイフルは消費者金融であることから総量規制の影響を受けますので年収の3分の1を超えての融資を行うことができません。

 

そのため、年収の3分の1を超える金額で融資を申し込んでいる場合にはその金額での融資は不可という判断となります。他社からの借入状況についてもこの仮審査で確認が行われ、既に高額の融資を他社から借り入れている場合なども

 

 

総量規制により審査に影響することがあります。


アイフルで融資を受けたいと考える人全員に対して担当者が個別確認をするのは非効率的であることから、こうした機械的な仮審査を行いある程度の判別をしているのです。

本審査で確認される項目

アイフルの本審査では仮審査に通過した人が対象となります。この本審査においては、仮審査で確認された項目の再確認が行われ、申込にあたって登録された情報との整合性を改めてチェックし、問題がないかどうかを判断します。

 

 

在籍確認って・・・


もちろんこの段階で情報に不備があったり、あるいは事実と異なる情報であることが確認された場合には審査には通らず融資を受けるということもできません。また、勤務先への在籍確認についてもこの

 

 

本審査の最終段階で行われることになります


ので、当然ながらここで在籍確認ができなければ審査手続きもストップします。

 

いずれにしても大切なことは、必ず事実に沿った内容でアイフルに申し込むことです。事実と異なる情報で申し込んだ場合、仮審査に通過することはできてもアイフルの本審査ではほぼ間違いなく通過することはできませんので注意しましょう。

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<