アイフル 在籍確認

MENU

収入安定性におけるアイフルの判断基準

アイフルで融資を受けるには?

アイフルで融資を受ける場合、まず考えるべきはいくらまで借りられるか、ということではなくいくらまでなら返済が無理なくできるか、という点です。これと同じことをアイフルの審査でも考えています。

 

融資を申し込んできた人に対して、この人はいくらまでなら融資を行っても大丈夫なのか、を考えて実際に融資を行う金額を決定します。

 

そのため、融資を申し込んだ金額がそのまま借りられる場合もあればそれよりも少なくなる場合、逆に多くなる場合など審査の結果によって借入可能な金額についてもまちまちです。

収入の安定性とは?

アイフルでは、融資を行うための審査において、毎月安定した収入を得ていることが条件のひとつとなっています。そんなアイフルの考える収入の安定性ですが、ひとつは毎月の給与収入を想定しています。

 

 

アルバイトでも融資してくれるのかなぁ・・・


これは正社員でなければならない、あるいは公務員として勤めていなければならないというわけではなく、パートやアルバイトで働く人であっても毎月給与収入がある人であればアイフルに融資を申し込むことは可能です。

 

ただし、毎月給与収入として入ってくる金額があるからそれでアイフルの審査基準を満たしているというわけではなく、収入の安定性については様々な角度から確認が進められることになります。

収入の安定性はどうやって判断しているのか?

アイフルでは、どこかの勤務先に所属して毎月給与収入を得ているからといってすぐに審査に通るというわけではありません。毎月の収入の安定性については、ひとつは勤務先での勤続期間によって判断されています。これは特に

  • パート
  • アルバイト

で収入を得ている人に対する審査基準として重視される部分ですが、その仕事を始めて2ヶ月という人と、1年以上の勤続期間がある人とでは、同じ仕事をしていてもその仕事に対する熟練度が異なります。

 

当然ながらアイフルの審査における信用度も勤続期間が長いほうが有利であり、それだけ収入も安定したものがあると判断されやすくなります。勤続期間とともに収入の安定性を証明する判断材料となるのが、収入証明書の確認です。これは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細

などの書類であり、アイフルでは50万円を超える融資を行う場合にこうした書類の確認を行っています。収入証明書については50万円未満の融資であってもアイフルが必要と判断した場合に提出を求められることがありますので、念のため事前に用意しておくと安心です。

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<