アイフル 在籍確認

MENU

アイフルの審査と勤続年数の関係

アイフルの審査に申し込めない人

アイフルは消費者金融業者のひとつである事から融資を行うにあたっては総量規制の影響を受ける事になります。総量規制では年収の3分の1が融資が可能な限度額として設定されていますので仕事をしていない無職の人に対してはアイフルは融資を行っていません。勿論、

 

 

無職であってもアイフルに審査を申し込むことそのものは可能です。


しかし、アイフルの申込書には職業を記入する欄がありますので、無職の人の場合はその欄に記入することができず、アイフルに融資を申し込んだとしても審査に通る見込みはまずないと考えておいたほうが良いでしょう。

仕事さえしていれば良いというわけでもない

現在仕事をしていない、無職の人の場合はアイフルで融資を受けることができないのは先程の説明の通りですので、まずは何らかの仕事を見つけて働くという状態になることが必要です。アイフルでは正社員でなくとも、

 

 

パートやアルバイトで働いている人でも・・・


安定した収入があると判断できれば融資を受けることができるようになっています。但し、仕事を始めれば確実にアイフルの審査に通るのかといえば必ずしもそうというわけではありません。

 

アイフルでは、融資を行うにあたって収入が安定して入ってくる状態であること、という条件を定めていますが、これはアイフルの返済が融資実行後長期にわたることが関係しています。そのため、

 

 

仕事を始めたばかりという状態では・・・


勤務先における実績も低く、アイフルの審査でも信用度が低くなってしまいます。せっかく無職から仕事に就いたものの、仕事を始めたばかりという状態ではやはりアイフルの審査に通ることができる可能性はそれほど高くはないといえるでしょう。

アイフルの審査と勤続年数の関係

アイフルで融資を受けた後の返済というものは、借入金額にもよりますが長期に渡る場合がほとんどです。中には年単位の期間がかかるといったケースもありますので、その間は継続的に収入があるという状態でなければなりません。正社員や公務員のように

 

 

毎月の収入の変動が少なく安定性も高い職業であれば・・・


勤続年数は半年ほど、パートやアルバイトの場合は最低でも1年ほどあればアイフルの審査でも評価は高くなるでしょう。収入の安定性は信用度をはかる指標でもありますので、返済能力に大きく影響することになります。

 

仕事をしているからといって必ずしもすぐにアイフルでお金を借りられるというわけではないということは理解しておきましょう。

 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<