アイフル学生

MENU

学生がアイフルに申し込む場合の審査基準

アイフルの申込条件

アイフルで融資を受けるための申込条件は、

  • 毎月安定して収入を得ていること
  • 20歳以上であること

です。そのため、仕事をしていない無職の人や専業主婦の場合はアイフルを利用して融資を申し込む事ができないようになっています。

 

20歳以上で毎月安定して収入を得ているという人は、アイフルで融資を受けたあとの返済も毎月安定して進めることができるということで、アイフルの審査でも評価されやすくなります。

 

もちろんアイフルの審査で評価されるポイントはその部分だけというわけではありませんが、審査の最低基準を満たしているかどうかはアイフルでの審査に大きく関わってくるといえるでしょう。

学生はアイフルでも利用可能?

アイフルを利用して融資を申し込むためには、毎月安定して継続的な収入を得ていることが大切です。そのため、アイフルでは何らかの職業に就いている人を融資対象としているのですが、学生であっても安定した収入を得ているのであれば融資を申し込むことができます。

 

 

学生がアイフルを利用するには・・・


これは、アイフルで融資を申し込むための条件である20歳以上を融資対象とする、という点と関係しており、

 

 

20歳以上の大学生や専門学校生でアルバイトなどで安定した収入があれば融資対象


となります。アイフルに申し込むことができる条件というのは、ひとつでも満たしていないものがあれば不可という設定のため、仮に毎月の収入が安定したものだったとしても、20歳未満の場合はアイフルに申し込むことはできません。

 

学生であってもアイフルでは融資を申込む事は可能ですが、その為の条件については決して手軽にできる、というわけではなさそうです。

学生がアイフルを利用する場合の審査基準

 

学生がアイフルを利用してお金を借りる場合というのは、殆どの場合カードローンの利用そのものが初めてというケースになります。その為、既存の借入や過去のカードローンの利用状況というものもなく、クレジットカードについても持っていない場合が多いですよね。

 

こうした背景があることを考えた場合、アイフルの学生に対する審査基準としては、収入がどの程度の金額なのか、そしてどの程度安定しているのか、という点が重視される部分となります。

 

 

半年〜一年以上同じ勤務先で働いている人であれば・・・


学生であってもアイフルの審査で評価にも期待がもてますので、主に収入がどんな状態なのかを確認しておくと良いでしょう。

学生が生活費で困った時どうするの?

学生が生活費で困った時どうするかは、

 

 

20歳以上か20歳以下で対応は異なります。


20歳以上の学生でアルバイトやパートなどで安定した収入さえあれば、消費者金融や銀行のカードローンをご利用可能です。保証人や担保も不要なので、ご両親にお願いする必要はないです。お申し込み方法はインターネット、お電話、郵送、店頭窓口など様々です。

 

大手の消費者金融なら自動契約機から申込みすることも可能です。自動契約機は中は無人、誰にも合うことなく気兼ねなくお申し込みが出来ます。

 

まずは運転免許証など本人確認書類を持参して自動契約機へご来店、機械を操作してお申込みします。審査がすぐに開始され通過しだい、契約を行い、その後にカードがその場で発行されますので、ATMコーナーまたはコンビニ提携ATMから生活費を借りることが可能です。

 

 

しかし消費者金融や銀行のカードローンは20歳以下ではご利用できないです。20歳以下の学生は学生ローンをご利用することが可能です。学生ローンでは18歳以上の学生を対象にお金を貸付けしていることが多いです。

 

学生証の提出など学生ローンを提供する業者によって条件が付きますので事前に確認しておいてください。学生ローンでは他のローンにはあまり見られない元金自由返済という返済方式が採用されていることが多いです。

 

これは利息だけのお支払を続けてもらって、元金については余裕があるときに自由に返済して構わない仕組みになっています。学生は学業があるのでフルタイムでアルバイトやパートで働くことが出来ないでしょうから、元金自由返済はそんな学生に返済しやすい方式です。その代わりに返済期間が長くなり、利息のお支払が増えるので注意が必要です

学生がアルバイトするのにいい時間帯は?

 

学生の場合、基本的にアルバイトをする時間は限られています。昼から働くということは一切できないので、昼から入らなければいけないアルバイトは出来ません。また深夜に働くことは原則として禁止されていることから、18歳未満の方がしっかり働ける所でアルバイトをしなければなりません。

 

そこで時間帯としていいと考えられるのは、やはり夕方から夜ということになります。夕方からアルバイトに入れば、数時間程度の仕事ができます。毎日アルバイトをしなければならないと考えているなら、出来る限り夕方から夜にかけてのアルバイトがお薦めです。この時間帯であればそこそこ給料も良いですし、働ける所も結構多くなります。

 

 

アルバイトと言っても仕事の時間が制限されているわけではなく、自由に時間を設定して有利な条件で仕事をすることができます。もっと働く時間帯を長くしたいなら、休日を有効に利用してどんどん働いてください。アルバイトは学生によっては重要なものであり、何らかのアルバイトをしていかないと生活は困難になります。

 

まずは夕方から夜にかけてのアルバイトを中心に行い、休日は昼からは入れるようならアルバイトをしてください。深夜のアルバイトは翌日に響くことが多いですし、18歳未満だと出来ないので避けた方がいいです。また昼からアルバイトを続けていると、学生として学べる部分が足りなくなり、単位不足に陥る危険があります。そのため夕方以降がお薦めの時間帯です。

学生のアイフルの利用体験談

学生の就職活動ではかなりのお金が掛かります

 

学生の就職活動で一番お金がかかるのが、交通費です。100社以上の企業の面接を受ける人もいますし、全社が近所なんていう事はまずないので、公共交通機関を使用して、面接会場に向かう事となります。

 

地下鉄一本で行ける場所がほとんどだとしても、最低でも往復で400円程度はかかるわけですから、4万円以上はかかってしまいます。もちろん、最初に受けた会社に内定が決まり、そのまま入社という流れであれば、400円で済むので、お金がかかるとは言い切れませんが。

 

ただ、場合によっては、県外などに職を求める人もいますので、その場合は一回で数千円から1万円単位のお金がかかるわけです。就活中はいつ面接が入るかわからないので、定期的なバイトに入るわけにもいかず、資金繰りが非常に大変なのです。

 

履歴書や職務経歴書に関しても、タダではないわけですから、多少のお金がかかります。文房具店などで購入して記述する場合は、100社受けるとしたら数千円かかりますし、パソコンで打ち出す場合は、インク代が掛かります。これも数千円かかります。

 

そして意外と痛いのが、履歴書に貼るための証明写真で、4枚程度で600円から800円程度の金額がします。600円だとしても、100社受ければ15,000円飛んでいってしまうわけです。交通費の次に多い出費かも知れません。

 

それら全部合わせると、万単位のお金が飛んでいくのです。学生の就職活動は、長引けば長引くほど、お金がかかるといえるでしょう。学生にとってこの金額は決して安いものではないですが、就職が決まればたいした支出ではないと思いますので、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)で1ヶ月の返済猶予ができるプロミスで当面の資金を調達しておくのも一つの手段です。


授業料を払えずに困った場合にアイフルを利用した

 

学生が授業料を払えないというのは本当に切実な問題ですよね。授業料を払えなければ学校を止めざるを得ません。そんな時にはどうするのが一番いいのでしょうか。一番おススメな方法は親に頼み込んで払って貰うという方法ですね。

 

でもそもそも授業料が払えないという人は親に頼れないという人がほとんどでしょう。なのでこの方法を使う事は出来ません。友達に借りるという手もありますが友達に授業料ほどの大金を貸してくれるような人なんていませんよね。そうなると残された方法はただ1つです。

 

そう金融会社からお金を借りるという方法しかありません。金融会社でお金を借りると言ってもそんな大金を学生が借りられるのかという思いがあるでしょう。学生が借りられるお金の上限なんて数万円程ではないかと思うのも当たり前です。しかし会社によっては貸してくれる所もあるのです。

 

アイフルに融資を申し込めば保証人なして貸してくれます。しかもわざわざ店頭に足を運ばなくてもネットで借り入れの申し込みが出来るのがウレシイですね。それに金利も思った程高くはありません。授業料を払えないというのは深刻な事なのでぜひこのような会社から借り入れをしても払うべきではないでしょうか。

 

親にバレずに借り入れが出来るようなのでぜひ利用してみて欲しいですね。せっかく入学した学校なのですからとりあえず借りたお金で授業を受けて卒業してからゆっくり返して行くのがベストでしょう。


学生が生活費で困った場合は?

 

学生が生活費で困った時とても困りますよね。特に下宿して学校に通っている学生の場合は生活費に困ると即座に食べる物に困ってしまいますよね。そんな時どいうすればいいのかという事ですが一番てっとり早くだれでもやっている事というのは友達からお金を借りるという事でしょう。

 

友達からなら簡単にお金を借りる事が出来ます。ただこの難点というのはあまり多額のお金を借りられないという事でしょうね。それに万が一返すのが遅くなったりした時にはすごく気まずくなってしまうものです。では身内の親や兄弟から借りるというのはどうでしょうか。

 

親や兄弟なら少々返済が遅れても気まずくなったりしませんし気を遣わなくてもいいですよね。これが一番かもしれません。でも親や兄弟と離れて暮らしている学生や親や兄弟がいないという場合にはどうしたらいいでしょうか。やはりこういった場合には金融会社を使うしかありませんね。

 

アイフルは学生でもアルバイトで安定収入があればお金を貸してくれますし、学生は借りれない銀行ローンよりは少々金利は高いかもしれませんが、気を遣わなくても済みますし、何より気軽にお金が借りられるのがメリットです。最近はスマホなどからでも融資の申し込みが出来る様ですね。審査もアイフルの場合最短30分程度で終わるようです。

 

もちろん親の承認なんて全く必要ありません。親に知られる事なくお金が借りられるなんてこんなに嬉しい事はありませんよね。保証人もいらないようなので気軽に利用してみたいものです。


 

>>アイフルの在籍確認の電話を回避方法とは?<<